柴犬

柴犬(しばいぬ、Small Japanese Dog、Japanese Dwarf、Shiba)は、スピッツに似た頑丈な中型犬(尖った耳、厚い被毛、カールした尾)である。秋田犬を小型化したものである。成犬のオスの体高は約39.5cm、メス-36.5cmである。被毛は硬く、まっすぐです。アンダーコートは厚く、柔らかい。カラーはレッド、セサミレッド(レッドに黒のガードヘア)、ブラック&タン、ホワイトがある。

柴犬は、豪華な毛皮と気ままな性格を持つ愛らしい犬である。飼い主になるのは簡単ではないが、尊敬と信頼を勝ち得れば、知的で好奇心旺盛な友人とのコミュニケーションで多くの喜びを得ることができるだろう。

この犬種にちなんで、本物の暗号通貨も作られた。2021年の春、暗号通貨市場はミームコインによって吹き荒れた。先駆者はDoge Coinで、すでにその歴史の中で何度も死んで灰の中から蘇ることに成功している。柴犬コイン(SHIBトークン)の登場以前は、その成功が繰り返されると考える人はほとんどいなかった。このレビューでは、柴-暗号通貨TOP20のもう1つの犬-を分析します。

柴犬は、日本で飼育されている狩猟犬でもあります。その歴史は約2.5千年前にさかのぼる。この犬種の現代的な代表は、しばしばコンパニオンとして行動する。好奇心旺盛で人懐っこい性格のため、飼い主との相性は良いが、気まぐれな面があり、十分な訓練が必要である。1936年以来、柴犬は日本の財産として認識されている。堅実な性格、高い知的水準、特別な不屈の精神が、犬のブリーダーの間で人気を博した。飼い主になるのは簡単ではないが、尊敬と信頼を勝ち得れば、知的で好奇心旺盛な友人とのコミュニケーションから多くの喜びを得ることができるだろう。この犬種は経験豊富なシノギストには適しているが、複雑な性格を持つ最初の柴犬としては、最良の選択とはいえない。

考古学者が紀元前4世紀から3世紀にかけて、似たようなタイプの犬の遺跡を発見している。柴犬はスピッツに属する犬種で、鋭い立ち耳、特殊な尾の形、2段の太い毛など、スピッツに固有の特徴をすべて持っている。専門家によると、柴犬の祖先は中国や朝鮮半島から日本列島にもたらされ、原住民との交配の過程で、すでに現在のスタンダードが形成されたという。秋田犬の近縁種である柴犬は、小型であることが特徴である。両犬種の関係は遺伝学的に確認されています。

19世紀中頃まで日本は鎖国をしており、柴犬もその中でしか飼育されていなかった。鎖国を乗り越え、アジアやヨーロッパに渡った柴犬は、その鋭い頭脳と優れた狩猟の資質が評価された。そのため、柴犬とポインターやセッターとの交配が盛んに行われるようになった。しかし、スタンダードがなく、系統的な選抜が行われなかったため、この犬種は失われ、市中ではほとんど見られなくなった。20世紀に入ると、有力なブリーダーたちが柴犬の問題を取り上げるようになった。在来種は人里離れた地方にしか残っていないため、部族の遺伝子プールを回復させるための基礎となった。

1928年、柴犬の純潔を守り、数を回復させるための措置が決定された。主な選抜基準は、立った三角形の耳、深い目、密集した2段の被毛、背中の後ろで急にねじれた尾であった。

1934年、シノロジストはスタンダードを作り、部族の核を特定することに成功した。1936年、柴犬は日本の国宝に指定され、柴犬の故郷のブリーダーたちが動物の絶滅と退化を防いだ。第二次世界大戦では、多くの犬が死亡し、犬舎も戦火にさらされるなど、遺伝子プールに悪影響を及ぼした。平和が訪れると、柴犬の復元に向けた組織的な取り組みが再開された。しかし、ジステンパーの流行により、4本足の犬種は激減した。

戦前は数十種類の柴がいたが、戦後は美濃、山陰、信州の3種類に絞られた。日本の在来種である現代の柴犬は、これらの中から的を絞って選抜されたものである。

柴犬の形成に最も大きな影響を与えたのは、耳と尾の形が似ている第一系統の犬種である。毛色は赤みがかった砂色で、外毛と下毛がふわふわしているのは、信州犬との関係である。山陰から骨格や体格を受け継いだが、柴犬の方が小柄である。その結果生まれた雑種は、日本人の間で広く親しまれている。都市が密集する中で、小型で装飾的な外見を持つこの動物は、多くの家庭で愛されるようになった。

1980年代初めには海外にも普及し、1992年にはアメリカのAKCとUKCに公認された。厚い被毛、珍しいキツネのような外見、鋭い頭脳、活発さ、好奇心など、柴犬がブリーダーの間で羨望の的となる人気を獲得した美点は、まだ完全なリストにはなっていない。現在では、ハンターとしての役割は影を潜め、コンパニオンの任務が主役に押し上げられている。

経験豊富な飼い主に適した犬種
ある程度のトレーニングが必要
アクティブな散歩を好む
1日に1時間程度の散歩を好む
小型犬
平均的な唾液分泌量
2日に1回のお手入れが必要
非低アレルギー性
かなり騒がしい犬
番犬
他のペットとの同居にトレーニングが必要な場合がある
子供との同居はトレーニングが必要

柴犬は、日本の山中で中型の狩猟や巣穴からの誘い出しのために飼育されていた犬種である。柴犬は秋田犬を小型化したもので、「柴犬」は「小さい犬」と訳されている。柴犬は最も古い犬種の一つで、紀元前3世紀まで遡ることができるという。この犬種は第二次世界大戦中にほとんど絶滅してしまった。しかし、この犬種を救うために、原爆やペストの流行から生き残った少数の個体の交配が始まりました。

日本の柴犬は警戒心が強く、活発で人懐っこい犬である。彼女はかなり独立することができます。しばしば強い狩猟本能を持つ。幼少期からの適切な社会化、特に他の犬との関わり方を教えることが重要である。この犬種の珍しい特徴は、特徴的な金切り声、つまり、興奮状態や動揺状態の時に発する細い声です。

それぞれの交配種は、外見、気質、行動において個性的である。あなたの愛犬の家族にはどんな犬種がいるのか、探してみてください。犬のDNA検査サービスに連絡することができます。この方法では、犬の可能性が高いニーズについて学ぶことができ、またはペットの可能な外観についての仮定を行うことができます。そうすれば、あなたの犬についていくつかのアイデアを得ることができ、何が彼を動かすのかを理解することができるでしょう

柴犬は一般的に健康で強い犬です。他の多くの犬種と同様に、遺伝性の目の病気があります。したがって、繁殖の前に、犬の目の状態をチェックする必要があります。
体の運動

犬では、1日に1時間程度の運動が必要です。ストーカーになる可能性があるため、放し飼いにする前に、必ず名前に一定の反応ができるようにしつけましょう。また、教室は安全で閉鎖的な場所でのみ行うようにしましょう。

食事は、すべての主要な栄養素を最適なバランスで摂取できるようにし、常に新鮮で清潔な水を飲めるように心がけましょう。愛犬の体調を万全に保つためには、定期的に体の状態を把握することが大切です。また、特定のフードに付属している栄養勧告に従って、少なくとも1日2回食事を与えることを忘れないでください。

柴犬はとてもきれい好きな犬種です。猫のように犬自身が被毛の手入れをします。しかし、週に一度はコーミングブラシを使用する必要があります。抜け毛の多い時期には、アンダーコートの厚さを実感することでしょう。

犬は子供と仲良くすることができると言われています。しかし、犬と子どもは、お互いを尊重し、安心して一緒にいられることを学ばなければなりません。いずれにせよ、幼い子どもは犬と二人きりにならないように、二人の交流はすべて大人がコントロールしなければなりません。

柴犬は丈夫な骨格を持ち、調和の取れた体型をしている。その体格には、狩りに明け暮れた祖先の持久力と重厚さを見ることができる。この犬種の代表的な特徴は、中型の丈夫な前足、キツネに似た三角形の頭、そして目の配置である。

Leave a Reply

Your email address will not be published.